KIMG0527
過去の事を思い出して書いてみます。

今までに克服した事や時は、小さい事から大きい事までたくさんあります。

その中から三つだけ選んでみました。

まず、バレーボールです。

中学生時代はバレーボール部でしたが、肩の脱臼癖があったので思うようにプレー出来ませんでした。

そのため、もうスポーツは出来ないのかなと思っていました。

ところが、30代の時ママさんバレーに誘われ、筋トレで脱臼癖を克服しました。

バレーボールは14年間続け、良い成績をおさめることが出来ました。

諦めないで続けると結果はでるものですね。

次に英語です。

中学、高校時代は、先生に受験は英語で失敗すると言われていたぐらい成績が悪かったです。

実際、英語で落ちたと思います。

ところが、これも30代に友人に誘われ英会話を始めました。

コツコツ勉強し、若い人に混じって英検を受け、英検準二級をとることが出来ました。

自分の勉強が忙しかったので、子供たちに「勉強しなさい!」とうるさく言わなくて済みました。

最後に、一番大変だったのは病気です。

体調を崩し内科、婦人科、整形外科など色々な病院をまわりました。

痛みなどの不調から、精神的にも辛い時期がありました。

毎朝痛みで目が覚め「こんな体であと何年生きなくちゃいけないんだろう?」とネガティブになっていました。

幸い私に合った治療法に出会え、今は元気に暮らしています。

それぞれを克服した時に感じた事は、

「諦めないでいれば、人、時間、本、医学、心理学など何か克服に役立つものが見つかる」ということです。

問題が起きた時は、自分だけで抱え込まないで、信頼できる人に話してみましょう。

何か問題解決のヒントをもらえると思います。