「インナーチャイルドに会ってみたら」のブログの笑っていた子は

この頃のわたしなんだろうな~

********************************************

今のわたしからはあまり想像できないかもしれませんが

実はわたし野山を駆け回っていた自然児だったんです!

小学生のころ父の転勤で島根県の隠岐の島に住んでいたことがあります。

a0024_000341

隠岐の島の中でも一番小さい島知夫村です。素敵な島なので是非行ってみてくださいませ。

赤はげ山の赤壁は有名な観光地です。

家からちょっと歩けば山と海がありました。

ではお寺の竹やぶで基地を作ったり、アケビや木苺をとって食べたりしました。

夏には自宅から水着のまま坂道を走って下りへジャブン!

漁船に沖まで連れていってもらい海岸まで遠泳したりしてました。

蛸つぼをしずめたりサザエをとったり、暗い朝に岩のりを摘みに行ったこともあります。

ワイルドだろぅ~

庭のにはいろんな種類の野菜が植えてあり、学校から帰るとトマトを丸ごとかじったものでした。

太陽の味がしたな~!

なんか、ジブリの世界みたいでしょ! 昭和の良き時代でした(笑)

あっ、変なことを思い出しました!

太陽の味の他にも、土の味や血の味もなんとなく覚えています。

だぶん転んだ時になめたことがあるんでしょうね。

鉄分の味でした(あれ!知らない?)

子供はなるべく自然のなかで遊ばせてほしいな~

自然の味・音・匂いなどを感じたり

遊びに中で工夫して知恵がついたりしますから。

わたしも今「足り過ぎてる生活」をしてるんじゃないか?って反省です。

自然児には戻れないけど、できるだけ野原や海に出かけることにします。

これからいい季節になりますからね!

 

たまに、自称島根県観光大使 後藤裕子になります(笑)