島根へ行ってきました。

 

KIMG2761

 

新幹線に初めて乗ったのは確か18才の春。

(こんなにスマートな形じゃなかったけど)

 

進学のために島根から名古屋へ出てきた時です。

その時に「名古屋は都会だから自分の身は自分で守らなければ」と緊張したことが思い出されます。

お盆やお正月の混雑時は座ることができず名古屋から岡山まで立ちっぱなしだったことも度々ありました。

 

結婚して子供が生まれてからは父母に孫の成長を見せたくて、幼な児二人をおんぶに抱っこで帰省していました。

まわりの方のご迷惑にならないように気を使ったり、乗り換え駅でオムツを変えたりしたっけ。

 

13年前に母が亡くなった時は、残された父が心配で仕事の合間に1年間毎月帰っていました。

それから父は独り暮らしでがんばってきました。

父が高齢になってきたのでまた新幹線に乗って会いに行くことが増えそうです。

 

ふり返ると、新幹線には私の人生の思い出も乗っかっているんだな~なんて思ったりもします。

これからも思い出が増えますように。