職場でよく起こる例を対処法とともにご紹介します。

 

その方は部下を指導しまとめる役割を担っていらっしゃる方。

年上のベテランさんに気を使い、

ペースをみだすメンバーには注意をしなければならない、

メンバーのご家族のことにも配慮、

辞められては困るし、

など考えることがたくさんあり、どのようにコミュニケーションをとればよいのか悩んでいらっしゃいました。

①課題の分離(だれの問題か)

②アサーティブな伝え方(自他の両方を尊重した表現)

などをお伝えしました。

今までは遠慮した言い方をしていたので何が言いたいのかが相手に伝わりにくかったようです。

問題の整理をし、伝え方も変えてみると伝わりやすくなりました。

KIMG3578

すがすがしい関係でお仕事できるといいですね。