カウンセリングのくれたけ名古屋心理相談室 後藤裕子のご予約サイト

季節による精神状態

 

季節の変わり目は精神状態が不安定になることがあります。

a1370_000080

 

冬~春

この時期は精神状態が不安定になりやすい季節です。

春は進学、就職、転勤など社会的、精神的にストレスを受けやすい時期です。

新しい人間関係や場所へのデビューは緊張しますね。

不安感が増すかたもいらっしゃいます。

みんなそうだからと我慢せずに心配なことや対策法を聴いてもらえる人に相談しましょう。

人に話すと心配事を共有してもらっっている感覚になり思い詰めなくてすむようになります。

 

また、冬から春へ変わる過程の寒暖差が激しいと体にもストレスになります。

ストレスを受けると自律神経やホルモンバランスも乱れ疲れや体のだるさがあらわれることもあります。

春は不眠症やうつ病を発症しやすい季節といわれています。

モヤモヤ期間が長いと治るのにも時間がかかってしまいます。

生活習慣を整え、ストレス解消を意識しましょう。

就寝前はスマホや激しい音楽など刺激の強いものはさけ、リラックスできる環境にしましょう。

気分や体調の変化を感じたら早めに病院やカウンセラーに相談してください。

 

 

a0960_005130

秋~冬

冬うつという言葉があります。

秋になると気分がしずむ、冬になると体がだるく起きれない。

これは、冬は日照時間が短く太陽の光が少ないせいでメラトニンやセロトニンが不足し睡眠が乱れがちになったり、脳の活動にも影響があるからです。

冬は着るものも重くなり、体も寒さで緊張しうつむき加減になってしまいます。

なるべく日光にあたるようにしたり適度な運動をしてください。

一か月に一度は森林や公園の散歩をするのがよいと言われています。

うつうつとした気分の時は外出したり誰かと喋ったりして気分転換なさってください。

2週間以上続くようなら専門家にご相談下さい。

 

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 くれたけ総合受付センター 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP