カウンセリングのくれたけ名古屋心理相談室 後藤裕子のご予約サイト

家族療法カウンセリングについて

 

お子さんがご家庭や学校で困った行動をする。

例えば、家庭内では弟や妹をいじめる、物を投げる、またはおもちゃを片づけない、グズグズして甘える。

学校ではクラスでさわぐ、いたずらをする、暴力をふるう、学校へいきたがらないなど。

子どもはうまく言葉にできなかったり、訴えても受け止めてもらえなかったりするとこんな行動に出ることがあります。

大人からみると問題行動に見えるのですがこれには子どもなりの目的があるのです。

愛情を確認するために注意を引く、自分の存在を認めて欲しい、寂しさをまぎらわす、何か不安がある等が考えられます。

大人の問題がお子さんに影響している場合もありますのでご家族での話し合いや学校と連絡を取り合うことが必要かもしれません。

家庭内では感情的になってしまい相手の話が冷静に聞けなくなったり、責任の追及が始まったりすることがあります。

家族療法は夫婦の問題にも着目して解決の糸口を探していく場合もあります。

家族それぞれの想いのすれ違いを見つけていきましょう。

KIMG3589

 

いろいろなご苦労がおありだと思います。

ご主人や奥様も気づいてほしいこと言いたいことがあったりしますよね。

そんな時はご相談くださいね。

 

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 くれたけ総合受付センター 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP